金時山

山行解除後、第二弾は金時山に行ってみました。今回は乙女峠ー金時山-明神ヶ岳のコースを富士山と春の花を愛でながら尾根歩きを楽しむのが主眼です。

乙女峠バス停を降りると富士山がドーンと見えました。

乙女峠の急登にしばしあえぐとタチツボスミレがそこかしこに咲いていて和みます。

乙女峠から金時山の尾根道はかなり広い土の道です。2度ほどアップダウンして岩場を通過すると金時山山頂です。

山頂からもばっちり富士山が見えました。山頂は平日ですが結構な人で賑わっていました。

矢倉沢峠から乙女峠-金時山方面を臨みます。

峠から先はしばらく背丈を越す笹原の中の尾根道をいきます。

火打石岳を越えると笹原の背も低くなり明神ヶ岳も良く見えます。

明神ヶ岳山頂からは大涌谷の噴煙が良く見えました。山頂で少し昼寝をしてから宮城野方面に別荘地脇を下山していきます。

宮城野温泉のシダレザクラは満開でした。

2回目の山行でも筋肉痛は発生せず、軽い沢登りなら大丈夫なようです。

 


メンバー:坂部
山域:箱根・足柄
山行形態:ハイキング
コースタイム:
乙女峠バス停(8:40)-乙女峠(9:12:)-金時山(10:18)-火打石山(12:18)-明神ヶ岳(13:35)-宮城野(15:08)
地形図:関本
報告者:坂部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP