水無川前大沢~モミソ沢

天候:晴れ

戸川林道に入っていくと、前日雪が降ったらしく、山の斜面はうっすら白くなっている。新茅山荘前の駐車スペースに車を停め、支度を整えて出発。

林道をぐんぐん下っていき、おしゃべりに花が咲いた結果、倉見山荘への道を見逃し、竜神の泉も通り過ぎてしまった。反省・・・。戻って倉見山荘への道を下る。

気を取り直して前大沢へ入渓するとすぐ3m滝が懸かる。リーダーは巻き気味に左壁を登り、ロープを出す。滝身に近づくと、古い残置シュリンゲがあり、後続は水流を直登する。

最初の滝

石積み堰堤を左から登って越えると、細い流れが落ちる5m滝となる。水流を直登できるようだが、ここは頑張らずに残置シュリンゲが垂れる左壁を登る。

少し登ると、末広がりの3m滝。左から斜上するバンドを登る。ここも残置シュリンゲがあるので楽しく登れる。

堰堤を越えると開けた河原となり、その先が緩い5m程の滝となっているが、倒木で埋まっており残念。乾いた左壁を登る。

さらに堰堤を2つ越えると520mの二俣で水流のある右に進む。小滝をいくつか越えると、両岸が狭くなり小滝が続く。ここも倒木がなければ・・

ここがナメ小滝が連続するところか

600m付近ではもうだいぶ水が少なくなり、階段状の滝を越えると、3m、3m+1mの2段滝が続く。

階段状
湧き水手前の2段滝

少し行くと左に湧き水があり、以降は水がなくなる。涸棚5mを越えたところで早めの昼食。陽当りが良い。

涸棚をいくつか越え、ガレと落ち葉と枯枝で埋まる沢筋を登っていくと、沢型は正面の斜面に消えていき、右の沢型は涸棚が続く。(650m付近)

水は涸れる

ここは右に入り、10分ほど沢筋を登って小尾根に出て、大倉尾根の登山道に出る。

涸棚が続く右の沢型に入る

登山道を登り、堀山へ。モミソ沢の源頭部は急な斜面となっているので、左岸尾根を少し下ってから沢床へ降りる。

モミソ沢上部

水のないガレた沢を下っていくと、8m大滝となり、懸垂下降する。時間があるのでここで登攀練習をした。

8m滝。 まだ修行が必要だった・・・。

以降は懸垂下降を交えながら降りていくが、クライムダウンできる小滝が多くあり良い練習になる。
最後に薄暗いミニゴルジュを抜け、モミソ岩の横に出る。

クライムダウンできる小滝が多い

他のメンバーはお風呂は自宅で入るというので、渋沢駅近くの湯花楽まで送ってもらう。
のんびりお風呂に入って、ビールとつまみ少々で一人反省会をして帰路についた。


山行最終日:2019年3月24日
メンバー:伊藤(L) 小野 高森
山域: 丹沢
山行形態: 沢登り
コースタイム:
新茅荘前P(8:23)-前大沢出合(9:40-45)-530m二俣(10:48)-660m付近左岸沢型(12:00)-支尾根(12:15)-登山道(12:22)-堀山から1つ北側の尾根下降(12:45)-モミソ沢(12:54)-8m大滝(13:50-14:50)-水無川本流(17:00)-P(17:15)
地形図:大山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください