八ヶ岳 横岳

前夜寒い東京を出発し、韮崎に到着するとなぜか寒くない。道の駅韮崎で仮眠をとろうとしたが、交通量も多いので道の駅清里まで移動し仮眠。清里も寒くなく静かで快適・・・と思いきや鴨?が夜中中元気にグワグワ大合唱していた。
翌朝も気温はさほど下がらずこの時期の八ヶ岳とは思えない暖かさの中、海ノ口自然郷横岳登山口に向かった。登山口付近はさすがに気温は下がり凍結していて伊藤さんの車でも坂道をスリップしていた。登山口で準備をしていると風が強く、山は厚い雲に覆われていて今日は景色は楽しめないなと思った。。
登山口付近には雪が少なかったが標高とともに雪は増えた。標高2370メートルあたりからかなり風が強く、稜線まで行けるのか不安になったが2600メートル過ぎから風は弱くなった。2700メートルあたりで下山してきた人に風の状況を聞くとさほど影響はないとのこと。少し安心して進む。稜線直下も、風はあるが冬の強風とまではいかずあっという間に三叉峰に着き、あっという間に横岳山頂に着いた。八ヶ岳の主稜線にこんなに手軽に来られるルートがあったなんて!と感激した。そして景色は全く見えないが、これぞ冬山といった寒々しい稜線や山頂に私は大満足だった。
ただ、赤岳に行くには時間もなく何も見えないので「また今度♪」と諦めて下山。下山の時も行きと同じ標高で風が強かった。


山行最終日:2018年12月23日
メンバー:伊藤(L) 小野
山域: 八ヶ岳
山行形態: 雪山
コースタイム:
海ノ口自然郷横岳登山口出発7:56―横岳登頂12:05―海ノ口自然郷横岳登山口下山15:05
地形図:八ヶ岳東部
報告者:小野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください