笛吹川水系ヌク沢左俣右沢

今日は雨の予報である。
朝、道の駅を出発する段になって、割としっかり雨が降り出してきた。(もうちょっと遅くてもいいのにね)
ヌク沢の入渓点まで行って、沢の状況を見て判断しましょう、ということで出発する。増水具合によっては近くの沢に転進する予備計画を携えてきている。

ヌク沢橋から沢に降りる。今日が4回目だという坂部さんによると、15cmぐらい増水しているが濁りもないし大丈夫でしょう。ということで、予定どおり入渓する。まぁエスケープはいつでもできそうだしね。

ゆったりとした沢を増水具合を楽しみつつ進む。

岩の模様が面白い

近丸新道手前の7m滝はロープを出して左壁を登る。(ここは巻くより登ったほうがいいと思う)

ナメもいい。
ヒラタケを発見。少しもらいました。
1480mの堰堤を越えた後の崩壊ガレ。う~ん、すごいです。

1550mの二俣を左に入ると、

連瀑が続く。

ここを左から巻き気味に越えると・・・

大滝に到着。

おぉ。これが・・・

大滝は右側を登っていく。この頃から雨が強く降り出す。通常なら水が流れていない所も水流があったりして、ロープを出しながら滝上まで進む。

その上の40m滝は左から。
滝上まで2ピッチで上がり、最後の水量多いトイ状滝をもう1ピッチで抜ける。

ここからは癒しの区間。良い雰囲気のナメ滝をゆく。このまま沢を詰めたい気持ちをこらえて、右岸の尾根に入る。

標高2000m位まできているので気温が低い。雨で濡れているし、結構寒い。手短かにおにぎりなど食べ、尾根を登り、登山道に出る。

シャクナゲが咲く道を下り、徳ちゃん新道へ。途中でコシアブラを少し頂く。

帰りにヌク沢橋から見る沢は茶色い濁流となっていた。

お疲れ様でした!

遡行図


山行最終日:2020年6月13日
メンバー:牛久(L) 坂部 高森
山域: 奥秩父
山行形態: 沢登り
コースタイム:
西沢渓谷駐車場(6:20)-ヌク沢橋(6:45)-近丸新道横断点(8:20-25)-1550m二俣(9:34)-80m大滝(10:54)-1980m付近で尾根へ(13:52-14:00)-戸渡尾根登山道(14:46)-徳ちゃん新道(15:25-30)-林道(17:08)-駐車場(17:30)
地形図:金峰山・雁坂峠
報告者:高森

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください