熊倉沢右俣右沢_左俣西沢

晴れ 快晴

シーズン突入前にS先輩に同行いただき岩トレ復習山行に行きました。今回は初級の熊倉沢右俣右沢を遡行し左俣西沢を下降するルートです。高巻きのリードと滝直登のハーケンを打設するのが目標です。

07:40に武蔵五日市駅で待ち合わせ車で矢沢林道へ移動。昨年の台風19号の影響で集落の少し先から通行止めでした。すこし林道を歩き9:00に左右沢出合から入渓すると沢は若干減水していて暫くは足元を濡らさずに遡行できました。第1ポイントの陸軍滝まで時間を掛けずにぐんぐん進めます。

陸軍滝。立派な滝です。

この滝は直登できないので左壁を小さく巻きます。まずここで中間支点を取りながら登りセカンドビレイをする練習をしました。先週の岩トレの復習です。登るときに無駄な時間を省くコツを先輩に教えていただきましたが、支点を取りたいところに具合のいい木が無かったりしてもたついてしましました。

炭焼き釜跡。山の人々の生活を支えていました。

続く第2ポイントは4mCSです。前回来たときは残置があったものの何とも頼りないものだったので使用せず登りました。今回も同じ状態でやはり使用する気にはなれませんでした。岩肌が若干ぬめりましたが苔のついていないホールドが使えてなんとかクリアできました。

4mCSは何とかフリーで登れました。

Co690付近、第3ポイントの二俣先の10m滝でいよいよハーケン打設練習です。滝の途中にいい具合にリスがあり打設箇所には困りませんでしたが2枚打ったハーケンはなかなか食い込まず時間がかかってしまいました。その後、滝上から8環を使ったセカンドビレーもでき、岩トレで練習したことが実践できたので楽しかったです。*ハーケンは回収しました。

ハーケンを打つ練習をしながら登りました
先日の岩トレの復習にお付き合いいただきました。

その後は主流を追ってCo835付近で浅間峠に詰めました。アップダウンのある尾根道を熊倉山方面へ歩きCo910付近から左俣西沢目指し斜面を下りました。

右の沢から奥の二俣まで降りました。
左の沢には8m滝があるらしいです。

おなかが空いてきましたが奥の二俣から暫く伏流区間が続いたため沢の水が汲めずお弁当ポイントが見つかりません!

西沢上部はガレてはいるものの落差のある滝もなくロープを出さずに下れました。一か所、3m滝では横たわる木に巻いたロープを頼りに降下しました。

チョックウッド?

その後はクライムダウンでクリアできる小滝が続き最後まで楽しめました。次回はこの西沢を遡行するのも面白そうです。ただし標高も低く暑そうだから夏以降涼しくなってからですかね。目標としていた高巻きリードとハーケン打設練習もできたし、今回のルートは初級者にとって良い練習が出来る沢でした。14:30にデポ地まで戻り終了。

お付き合いいただいたS先輩ありがとうございました。

遡行図

投稿者:牛久


山行最終日:2020年3月21日
メンバー:牛久(L) 坂部
山域: 奥多摩
山行形態: 沢登り
コースタイム:
矢沢林道ゲート(8:33)-二俣入渓(8:58)-陸軍滝(9:19-56)-右沢10m滝(10:25-11:25)-浅間峠(11:45)-熊倉山手前co915m(12:28)-左俣西沢co590m(13:17-50)-二俣(14:25)-矢沢林道ゲート(14:53)
地形図:五日市、猪丸
報告者:牛久

“熊倉沢右俣右沢_左俣西沢” への2件の返信

    1. 丸山さん
      コメントありがとうございます!
      修行の身なので全然凄く無いのです。
      これから会の方と色々な沢に行けたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください