水無川ヒゴノ沢

明日はモミソ岩でレスキュー訓練。
ならば近くの沢を1本やり、夜はどこかの河原に泊って、できれば焚き火も・・・という算段。

まだ行ったことがないヒゴノ沢へ。

表丹沢林道ゲートから上倉見橋まで歩く。
前日雨が降ったので水量アップしてたら面白いなぁと思ったが、増水しておらず・・・

上倉見橋

右岸の踏跡に入り、2つめの堰堤の上から入渓。
左岸枝沢から落ちる滝10m位?を見送ると、7m滝現る。

7m滝(と、手前の元滝?)

んん?
ネット上の過去の記録に出ている写真と見比べると、滝下にたまっていたものがキレイさっぱり無くなり岩壁が露出している気がする。滝の高さアップ?元に戻った?
その代わり、この滝の下にあったはずの3~4mの滝は滝と呼べるようなものではなくなっていた。

滝下から見上げる。

戻って、右岸の植林斜面を登って巻く。

ゴーロを進んでいくと、いよいよ滝が現れ始める。

6m
5m
3条4m

楽しく登れる滝、続く。

ぬめっている。
その他いろいろ
今日は幻想的な雰囲気・・・

730m付近からは堰堤ゾーンに突入。


8個ぐらい続くが、アスレチック感覚で楽しく巻ける。

830m付近では、左岸が大きく崩れ、沢になだれ込んでいた。とがった岩がごろごろ。
沢の中に倒れこんでも、、花は咲く。

930mの三俣にて。
登ろうとしてみた・・・だけ。巻いたほうが早くて楽(笑)

この時、足についているヒルを発見!

ガレた沢筋を詰めていく。ゴールが見えてきた。

こんなとこに出た!
烏尾山へ。

烏尾山荘前のベンチでお昼ごはんを食べ、烏尾尾根で下山した。

大人になると固くなるキノコ。ちっちゃい時はやわらかい!

車に戻ると、ちょうど車で走り出そうとしている男性に会う。椎茸を採ってきたというので驚いていると、快く見せてくれた。

しょうゆ垂らして焼きたい・・

昔は沢登りもしていたという、この辺りを知り尽くしている雰囲気のこのお方に、林道ができる前はここに登山道があったんだよと教えてもらったので、そこもいつか歩いてみたい。

ちょっと体を動かしたい時に丁度良い沢ですが、短かったので新茅ノ沢を下降してもよかったかも。。。


メンバー:高森(L) 坂部
山域:丹沢
山行形態:沢登り
コースタイム:
表丹沢林道ゲート(8:45)-上倉見橋(9:02)-760m二俣(10:20)-930m三俣(11:06)-登山道(11:38)-烏尾山(11:50-12:20)-新茅荘(13:20)-表丹沢林道ゲート(13:25)
地形図:大山
報告者:高森

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP

プライバシーポリシー ©Copyright 2022 渓人「流」 All Rights Reserved.