徒渉訓練2

 

再び、徒渉訓練のため三条新橋を訪れました。

先週の混雑はなんだったのかというほど、駐車スペースは空いていました。

午後から天候が崩れる予報だったためかもしれません。

今回参加するのは、徒渉訓練初めてのお二人です。

まずは、基本のロープワークから…

ロープの束ね方については、自宅で練習して慣れておくとよいですね。

またロープのつなぎ方 スクエアノットをしました。

いろいろな結び方がありますが、まずは一つを確実に覚えましょう。

次に懸垂下降の練習を緩斜面で行いました。

懸垂下降する際の注意点について確認します。

下降する人以外は動かないこと、ロープの末端処理は忘れずすること等々

懸垂下降での事故は命に関わるので、実際の山行でもその都度確認していきます。

ロープで自分に落石をしないように注意

絶対にロープから手を離してはいけません。

仮固定については、岩トレで繰り返し練習します。

確実にできるようになりましょう。

中間支点の通過(掛け替え)も練習しました。

続いてプルージック登攀+トラバース 自分が必ずロープと繋がっているように!!

安定した体制で 掛け替えましょう

ゆっくり手順を確認しながら行いましょう。

基本のロープワークは、自宅で繰り返し練習してください。

いよいよ徒渉訓練に移ります。

まずは、単独徒渉、棒を使っての徒渉、スクラム徒渉、縦列徒渉を繰り返し練習します。

安全に渡れる場所を探すのが、一番大切です。

どの方法が絶対よいということではなく、

メンバー、水量、川底の様子等々を検討して選択しましょう。

しっかり棒に体重を預けて
スクラム徒渉
縦列徒渉

下流に移動します。途中でラッコ泳ぎをしました。

初ラッコ!!

ザックに体を預け、のんびり川を下ります。

初ラッコ2

川幅があり水流もある程度あるところで、ロープを使った徒渉を練習しました。

自然物を使って支点構築し、ロープを固定します。

こういう時、240cmスリングは役立ちますね。

ロープにしっかり体重を預けてね。

昼食をはさんで、末端交換法も習いました。

丹波川本流入口にあるゴルジュへ移動します。

へつり

水量が少ないのか、川底が砂で埋まったのか…

昨年までの水の勢いはなく、なんなく突破しました。

一度ラッコで戻り、最後はザックピストンの練習です。

とっても楽ちんでした。

体力温存のため、ザックピストンは有効です。

ひととおり体験しててもらいましたが、

一度では身に付かないかと思います。

自宅でロープワークなどを復習し、実地で確認しながら身に付けていきましょう。

訓練終了後は、のめこい湯にゆっくり浸かり疲れを癒して帰りました。

 

 

 

 

 

 

 


メンバー:坂部(L) 牛久 大塚 畑 伊藤
山域:奥秩父
山行形態:訓練山行
コースタイム:
地形図:
報告者:伊藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP

プライバシーポリシー ©Copyright 2022 渓人「流」 All Rights Reserved.