小川谷(個釣り)

梅雨入り前のまとまった降雨後の晴れ間を狙い日原の小川谷へ釣りに出かけた。

犬麦谷出合付近にかかるつり橋

最近は視力(老眼?)の影響で細い糸をフックのアイ(糸を通す穴)に結ぶのが至難になってきたため、現場での作業を考えるとどうしてもフライフィッシングより餌釣りを選んでしまっていた。しかし、今日は気温といい水量といい絶好の毛針釣りのタイミングだったので出たとこ勝負でフライロッドを持ち出かけた。渓の増水は約5cm。丁度いい感じだ。問題の視力はコンタクトレンズから眼鏡に変えて臨んだところ、近くを見るのには具合がいいが遠くがやや見難い。それでも水に浮かぶ小さな毛ばりが確認できるぎりぎりの距離にプレゼンテーションすれば何とか釣りになる事が分かり嬉しかった。久しぶりにストレスなく毛針釣りを楽しめた。

倒木によりできた天然堰堤

 

水流をこちらに向かって流れ落ちてくる毛ばりに水中から「パシャッ」と水面を割って魚が飛びつく様を見ることができるこの釣り方はとても興奮する。狙ったポイントでイメージ通りにヒットさせることが出来たら堪らなく嬉しい。

かわいらしいヤマメですが胸鰭が立派 放流魚とは別物
食欲旺盛で一投目で食いつきました
サンショウウオの卵嚢 既に孵化していました

思惑通り久しぶりに数釣りを楽しめた。とても残念なことに、楽しい時間はあっという間に過ぎるもので帰りの歩きを考えるとあまりのんびりもしていられず15時に退渓した。次回はベースキャンプを張り1泊でじっくり楽しみたいと思った。

幕場適地 泊り釣行してみたい
ここへは歩いて2時間くらいかかるので人気が無くて 良いです

メンバー:牛久(L) 単独
山域:奥多摩
山行形態:
コースタイム:
省略
地形図:武蔵日原
報告者:牛久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください