倉沢谷塩地谷

5月4日(土)晴れ🌞

倉戸沢塩地谷へ沢登り

 倉戸沢バス停のゲート前の空きスペースに車をとめて林道を40分ほど歩きます。魚留橋から入渓下降地点までの林道はかなり荒れていました。降りやすい場所をみつけて慎重に下降していき入渓しました。
入渓し、少しいくとすぐに地蔵滝あり。(10M)地蔵滝手前の左のガレ斜面を上り作業道に出る。作業道を少し歩くと目印があり、下降ポイントがある。そこから懸垂下降で沢床におりる。距離が長いので30Mロープを二本つなげ降りる。(ロープギリギリ)
作業道にあがる急斜面
ロープ繋げ懸垂下降
懸垂下降し、沢にもどるとゴルジュ、滝が続いて3つほどあり。ここの雰囲気よかったです。 手前2つの滝は濡れたくないので左から巻く。3つ目滝は楽しそうだったので濡れるの覚悟で登る。釜が深さ2Mくらいで、左から取りつくが失敗。右からへつり、とりつく。滑って何回か泳ぐ。ロープを出して空身でよじ登る。(右から残置スリング2本あり) ここ一番楽しかったです。

 

 

 

奥多摩にしては沢幅が広く水量も多く、岩が大きく遡行していて楽しい。
新緑、苔、が続きずっと景色が良く気持ちよい
小ガッコー沢を越えたあたりにトイ状滝あり。ぬめって滑るので、巻いて先に行ってもらい、ロープを下してくれたので私は滝を登ってみた。突っ張りが足りず途中滑るがロープに助けられ登れた。もっとちゃんと突っ張れ!だそうです。
CS6M 左のリッジから登る
ツメは登りやすいが急斜面で長いので疲れる 頑張りどころ
ツメあがると一杯水があり、こちらの水で水分補給
下山は棒杭尾根。
棒杭尾根を降りていくと、長尾谷へ出る 疲れた体で、また行に歩いた林道を40分ほど歩く。

新緑と苔がきれいで水量も多く気持ちの良い遡行ができました。また行きたいなと思える沢でした。

 

 


メンバー:畑(L) 石田
山域:奥多摩
山行形態:沢登り
コースタイム:
倉沢林道入口(7:42)ー魚留橋(8:20)ー棒杭沢出合(11:00)一杯水(13:25)ー倉戸沢林道入口16:00
地形図:武蔵日原
報告者:畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP

プライバシーポリシー ©Copyright 2024 渓人「流」 All Rights Reserved.