万太郎谷大ベタテ沢右俣

万太郎谷大ベタテ沢右俣に行ってきました。

梅雨明けがいつになるやら…

それでも天気予報が刻々とよい方向へ向かっているため。

今週も湯沢に向けて、雨の関越道を飛ばします。

いつものセブンにより、食料を補給…

明日の沢旅に期待が膨らみます。

 

朝食を済ませ、土樽駅への道を急ぎます。

橋を渡り、南カドナミ沢へ左折した所を右折して進みます。

土樽パーキングエリアの横を通り抜け、駐車場に着きました。

すでに先行者の車が1台止まっていました。

早々に身支度を済ませ、7時25分駐車場を出発しました。

吾策新道の標柱を超え、河原に向かってコンクリート道を下ります。

ここから入渓しま~す。

大きな堰堤を2つ越えてゴーロを歩いていくと

立派な岩畳が現れました。

うなぎの寝床か…

そこに左岸から枝沢が流れ込んでいます。

あまりに草に覆われているので、

そこが今日の目的地…大ベタテ沢とは気付きませんでした。(私は)

入渓後しばらくは、草に覆われた狭い沢を登ります。

「二俣までは、ウォーミングアップだから…」とリーダー

小粒ながら楽しい滝もありました。

930m付近二俣を超え、いよいよかと気持ちが引き締まります。

930m付近二俣

1000m付近で雪渓が現れました。

雪渓だよ~~~

そこからは今日のメイン 上部スラブが見えていました。

1050m以上からは、厳しい登攀になりました。

2段8mの黒い滝の上部をトラバースし

急な草付きをどんどん登ります。

斜めにトラバース

途中のテラスから木や熊笹を使って急斜面をトラバースし、

なんとか滝上に抜けました。

カムと立木で支点を取り、そこからスラブ滝を2ピッチ登りました。

スラブでは、ハーケンよりもやっぱりカムですか~

持っていないので、購入検討します!!

さらにいよいよ核心の滝…

いよいよ核心か…

まずは、腹ごしらえをしました。

50mスラブ滝は、支点を十分にとることができず、

緊張するフリクション登攀が続きます。

リーダーの気迫!!

いよいよ上部というところでなんとか立ち木に支点を取り、

リーダーは、慎重にリードしていきます。

最後に自分がフォローで登りました。

「リーダー すごい!!」と言うと

「気合いだから!!」と

「リーダー さすがです。感動しました~」

(帰りの車内で言わず、すみません。)

その後も、緊張感のある楽しい登攀が続きました。

沢筋が細くなっても、つぎつぎに楽しい滝が続きます。

飽きることなく、登り続けました。

1300m付近から左沢に入りました。

しばらく進むと、この沢の源にたどり着きました。

水源の様子 ここからこの沢が始まる…

そこからは、急斜面を木々と熊笹を使って100m程登りました。

登山道に出て、ほっと一息…

谷川岳に続く万太郎谷を見ると、雪渓が…

今年は雪か多かったのでしょうか?

あとは快適に登山道を1時間ほど下り、駐車場に戻りました。

帰りは、湯沢インター近くのスーパーNで新潟土産(酒とビール)を購入し

帰路につきました。

今回もいい沢旅でした。

遡行図


山行最終日:2019年7月21日
メンバー:高森(L) 石田 伊藤
山域: 谷川連峰
山行形態: 沢登り
コースタイム:
駐車場発(7:25)-大ベタテ沢入口(8:20)-二俣(8:49)-1030m付近左沢(9:10)-水源(13:56)-登山道に合流(14:15)-駐車場(15:26)
地形図:谷川連峰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください