アヤメ平スノーハイク

天候:晴

前日の関東は大雪警報がでて降雪の天気模様。
明日の集合場所の新宿駅に辿りつけるのかと多少の心配がありましたが、当日始発の電車は通常運転しており、予定通りに新宿モンベル前に到着、古巻さんの車で出発です。
3連休初日というのもあり関越道は若干混んでいたものの、車の流れはスムーズでした。
高速道路を下りると、日差しのさす気持ちの良い天気で気分が上がります。

出発点となる「スノーパーク尾瀬戸倉」スキー場に到着。
スキー場駐車場代は入山者5000円の看板あり。
いったん来た道を引き返し、徒歩10分ほど離れた道路路肩のスペースに停めさせてもらいました。
10時スタートのため、行けるところまで行こうということでゆっくりペースでスタートです。

スキー場へ10分ほど車道を歩く。

登山口へはスキー場リフト横の道を歩いていき、除雪が途切れているところで私はワカンを装着し出発です。

先行者のスキーの踏み跡があります。

風が穏やかで雪の中を歩いていると汗ばんできます。
歩いても歩いても林道。
林道途中で昼食をとりつつ先に進みます。

富士見下のトイレ。頭にかぶった雪がおもしろい。

富士見下のトイレ付近で、先行者がショートカットをしており、我々も踏み跡を辿って登りました。
そこから1時間弱ほど登り、タイムリミットということで引き返すことに。

このあたりで引き返すことにする。

折り返す時に、ワカンが煩わしくなり下りなら大丈夫だろうと外してみたところこれが失敗でした。
足が軽くなって軽快に歩くことができるかと思いきや、ツボ足で膝下まで埋まり余計に体力と時間がかかりやむなく再度ワカン装着。
ワカンを侮ってしまったことを反省しつつ、ワカンの威力を思いしりました。

帰り道でスキーの方が1人滑っていきました。
軽快に滑っている姿を見ると気持ちよさそうです。

思うように先に進めずほとんど林道歩きで終始してしまいましたが、スキーといえばゲレンデしか知らなった私は山スキーが新鮮に目に映りました。
そういう意味では充実した山行となりました。


メンバー:古巻(L) 星野
山域:尾瀬
山行形態:雪山
コースタイム:
スノーパーク尾瀬戸倉(9:59)-富士見下トイレ(12:10)-田代原手前往復(13:07)-富士見下トイレ(12:49)-スノーパーク尾瀬戸倉(15:37)
地形図:至仏山
報告者:星野

“アヤメ平スノーハイク” への2件の返信

  1. アヤメ平までは、遥かに届きませんでしたが(汗
    誰もいない雪景色の中で半日を過ごせて、それはそれで楽しかった!…かな

    来シーズン、またチャレンジしましょう

  2. 雪景色って綺麗ですよね…
    晴れていればなおさら!
    ゲレンデスキーの経験がおありなら、山スキーもいかがでしょうか!(と、勧誘してみる…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP

プライバシーポリシー ©Copyright 2022 渓人「流」 All Rights Reserved.