御岳ボルダー

 

今日まで暖かいということで 御岳ボルダーへ行ってきました。

まずは(というかいきなり) オーストラリア岩から…

あと数センチというところまできましたが 完登できず…

ただ ムーブとホールドは わかったので 次回は行けるでしょう?

そのまま上流へ向かいます。

布団8級…なかなかおもしろい課題です。

なかなかおもしろい課題です。

マントル一発返しですが 小柄な人の方が楽のようです。

下地のよいデラシネボルダーに向かいましたが、

大勢の人たちで盛り上がっていたので、

あいさつだけして さらに上流の発電所エリアへ行きました。

デラシネボルダー とても楽しそうです。

7級の課題で 手こずります。(スタートがはっきりしないため)

ふと見ると となりの5級の方が できそうです。

こちらは5級 SD2級は岩の下から

結局 先に5級、2級が登れました。

SD2級を登って

難しさは 級だけではないようです。

デッドエンド 丸こんにゃく岩 コブ岩 人形岩 日影岩…

多くのクライマーで 賑わっていました。

若いって すばらしい

オーストラリア岩にチャレンジしている人を見ながら

昼食をとっているところで 牛久さんが合流

下流部へ向かいます。

以前登った岩ですが トラバース課題ができそうなので

チャレンジします。

ホールド限定すると 楽しい

ホールドを限定していくと 難易度が変わり おもしろいです。

「勝手にトラバース」と命名しました。

往復すると4級くらいの「流トラバース」(こちらも勝手に命名)

スタートとゴールのポケット(折り返し地点)を決めました。

それ以上左(川側)へ行くと落ちたとき 川に流され…

基本的に高さはないので 危なくありません。

沢のトラバースの練習になりそうなので ぜひチャレンジしてください。

もうすぐ3月 そろそろ沢シーズンの始まりですね。

 

 


山行最終日:2021年2月23日
メンバー:伊藤 坂部 牛久
山域: 奥多摩
山行形態: 岩
コースタイム:
地形図:
報告者:伊藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください