利根川大倉沢左俣左沢

去年の11月に、大雑把な周囲の把握と下山路の下見を兼ねて、ショートカットなルートで尼ヶ禿山西方の電波塔マークのピークへ詰め上げる支流を遡行した。その支流にも20m級の滝が懸かるなど、変化に富む遡行ができたのだが、本流の奥がどうなっているのかはやはり気になる。当初、1泊での計画も考えたが、天候とスケジュールの兼ね合いから、結局日帰りにして、本流をなるべく奥地まで辿るルートで山行を実施した。

12m滝を近くから見上げる

山行最終日:2020年9月21日
メンバー:古巻
山域: 上州武尊
山行形態: 沢登り
地形図:藤原湖
報告者:古巻