越沢バットレス 岩トレ

2023年12月2日(土) 🌞

今年も当山岳会の年末恒例の総会、納会の日がやってきました。総会は夕方からなのでその前に丸山リーダーが計画してくださった岩トレ「越沢バットレス」に参加し、マルチピッチを楽しんできました。以前からマルチピッチには興味があり、少し練習はしたことがありましたが今回システムや手順を教えもらい、実践できたので、本当にたのしく貴重な体験をすることができました。

 

アプローチは、鳩ノ巣駅駐車場からすぐの雲仙橋を渡り、林道のわきのスペースに車を停め、越山キャンプ場へと沢におりて歩いていきます。歩くこと15分くらいで岩場につきます。

途中こんな不安定な丸太を渡ります。大塚さんの丸太を渡る姿いい感じです。

丸山さんにマルチピッチのシステム、手順を簡単に教えていただき、やってみればわかるということですぐ実践になりました。

AM8:00 初めは3ピッチの第2スラブルートにとりつきました。1ピッチ目はまだ体が温まっていないのと、見た目より少し難しくかんじました。

2ピッチ目、3ピッチ目と順調に登りました。ダブルロープで登っていくのは初めてだったので新しい感覚で楽しかったです。

丸山さんのリードはいつ見ても安定感があります。

第2スラブの3ピッチ目 見た目は難しかったけれど、細かいながらにホールドがたくさんあったので登りやすかったです
AM10:15  第2スラブを終了し、次に登る鋸ルートを観察しながら懸垂で下降しました。普段の クライミングと違い、終了点が高いので高揚感を感じながら降りました。

次は少し休憩をして、天狗の肩→鋸ルートを目指しスタートしました。(11:30)

天狗の肩の手前辺りが少しオーバーハングしているように見えたので平気かな?と少し不安でしたが、ガバホールドがあり持ちやすく、見た目よりすんなり登れました。

天狗の肩から鋸ルートをリーダーがリードしています。登っている姿をみてここは、私には無理かな?とおもったので私はの天狗の肩で待機
大塚さんは鋸ルートを挑戦。マルチピッチ初めての大塚さんでヌンチャクの回収はあやしかったですが、(Ⅵー)登りました!すごい

待機していた私を不憫におもったのか、リーダーが畑さんは右ルート(右の滑り台がある一般ルート)登ろうと言ってくれたので、そこを登りました。私にはちょうどよい難易度で楽しく登ることができ大満足でした。

 

車にもどり、ちょうどよい時間となったので、お酒を調達してから、総会&納会の会場に向おう!とみなでむかいました。

充実した岩トレでした。お二人に感謝いたします。


メンバー:丸山(L) 大塚 畑
山域:奥多摩
山行形態:岩
コースタイム:
地点1(hh:mm)-地点2(hh:mm)-()-()-()
地形図:武蔵御岳
報告者:畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP

プライバシーポリシー ©Copyright 2024 渓人「流」 All Rights Reserved.