沖ビリ沢~樅木沢西沢

随分前、友人から「沢に行こう」と誘われ、

道具もほとんど借り物で行ったことを思い出します。

その後数回沢へ行き、現在に至るきっかけとなったところです。

木々の間から 富士山が見えました。

実際に遡行してみると 初めての頃 連れていかれたのも 納得です。

底の下地が見えるほど 澄んでいます。

ナメが非常に美しく 水もきれいです。

開けた沢には 陽が差し込み

花崗岩の沢床は 白くて美しく フリクションもばっちりです。

「いい沢だ~」と繰り返し 言ってしまいました。

初心者に沢のよさを知っていただく シーズン初めの足慣らしに

最適の沢ではないでしょうか !!

新緑も美しく 癒されます。

新緑に 癒されます。

所々で 美しいパーマークにも 出会いました。

生命力の強さを 感じることができました。

まるで 描いたようです。

林道を歩いていると 例のバスが!!

随分 ご無沙汰していました。

樅木沢も最初から 美しいナメが続きます。

癒されます。
自然の造形美
唯一 黒い滝
巻く方が 厳しそうです。
登れそうな感じ…

予想より早く 雨が降り始めました。

堰堤のように 岩が積み重なっています。
どんどん詰めて いきます
支尾根まで あと少し
登山道に合流後

雨も上がり 陽も出てきました。

初心者体験、シーズン初めにぴったりの渓だと 思います。

遡行図


メンバー:古巻(L) 坂部 高森 星野 伊藤
山域:丹沢
山行形態:沢登り
コースタイム:
地形図:御正体山
報告者:伊藤

“沖ビリ沢~樅木沢西沢” への1件の返信

  1. 久しぶりに大人数でワイワイ登れて楽しかったです。
    沖ビリ沢は、多分11年ぶりでした(笑
    最近は、西丹沢頂稜河川土地名称図に拠った、山伏沢と呼ばれることもありますが、個人的にはやっぱり沖ビリ沢と呼んでしまいますね~。

F薪 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください