幕岩

「梅の宴」開催中の幕岩に行ってきました。

9時に湯河原駅を出発し幕岩に向かったところ、既に駐車場に入る列がありました。スペースはまだあるものの、お金の受渡に時間が掛かることが理由だったようです。第三駐車場に車を停め、入口で入園料200円を支払います。なんとSuica対応!天気も良く暑そうなので、上着を脱ぎ出発します。梅を愛でに来た人たちに混ざり、散策道を登って行きます。白やピンクの梅が咲き誇っていて、とても綺麗でした。

白やピンクの梅

カレ沢が見えたところで左に入り、急坂を登って行きます。ところどころロープはあるものの、落ち葉の積もった斜面は滑りやすく神経を使います。「もう捨てようかな」と思っていた”〇印〇品”のスリッポンは底がツルツルでよく滑り、一人謎のトレーニングとなりました。汗をかいて、ヒーヒー言いながら10分程で、ようやく悟空スラブに到着しました。見ると、悟空スラブの上部には他パーティーが。私たちは、下の方で練習を開始します。

まずは、伊藤さんリードでトップロープをセット。ロアーダウンで降ろします。靴はそのままでいいかなと思い、”〇印〇品”で登ってみるがやっぱり滑りがいいので、二回目以降は素直にクライミングシューズを履きました。

登る人、確保する人お互いに確認!
トップロープで登ります。

一回ずつ登った後は、同じルートでリードの練習を行いました。そうこうしているうちに、11時半過ぎとなり、少し早いもののお昼休憩。上のグループはまだ登っています。

休憩後、上のグループが更に上に行ったのを見て、私たちも上部に登って行きました。私がリードをして、悟空スラブの真ん中あたりで支点を取り、牛久さんが登ってきたところで、上のグループが懸垂で降りてきました。あと2人降りてくるということで、伊藤さんが登るのを少し待ってもらい、グループのリーダーらしきおじさんと少しお話ができました。どうもグループの1人が今日初めてだったらしいです。それで、悟空スラブの上から懸垂?!すごいっす。絶対怖いと思います・・・。スパルタだなあ。

お二人が下りてきたところで、伊藤さんに登ってもらい、すれ違うように私たちが上を目指します。伊藤さんリードで2ピッチ。目で見るより距離があるかんじでした。上まで行くと、素晴らしい景色でした。

幕岩の駐車場には車の列、下を歩いている人も見えます。ということは、向こうからも岩の上に人がいるのが見えるのかな?と思い、手を振ってみます(←当然反応はありませんでした)海も見えて、空を飛んでいるような気持ちいい解放感がありました。でも・・・、肝心の写真がありません。全員スマホを下に置いてきてしまいました。

15時になったので、懸垂で降りて行きます。空に飛び出していくようで格好いいです。(←だから写真!)今日初めての人がよくやったなあと感心しました、ほんとに。そして、これをもう怖いと思わない自分の成長を感じました。最初の頃だったら絶対半泣きだったと思います。。。

荷物が置いてある場所まで、4ピッチの懸垂。途中でパトカーと救急車の音が聞こえていたのが心配でした。大きな事故でないといいですが。

16時に車に戻り、岩トレは無事終了となりました。


山行最終日:
メンバー:伊藤(L)、牛久、K
山域: 箱根・足柄
山行形態: 岩
コースタイム:
省略
地形図:箱根
報告者:K

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください