尿前沢本谷(速報)

夏山行後半戦、2泊で双六谷遡行を計画していたが、残念ながら金曜の天候が思わしくない。転進先をさまざま検討した結果、焼石連峰の尿前沢を1泊で遡行することとなった。

中沼登山口の駐車場に車を停め、金明水への登山道を30分で尿前沢徒渉点。

尿前沢入渓
尿前沢入渓
末広がり5m滝
末広がり5m滝落口から

最初のゴルジュ内の2m滝は、プチシャワーで水流中のスタンスを拾う。

ゴルジュ内2m滝
ゴルジュ内2m滝は、水流をプチシャワー
前衛3m滝を従えた15m滝
15m滝は、右岸を高巻いた。

大滝を高巻いて、降り立ったところからいくつかの滝を越えると、数百m続く開けたナメとなる。雄大な景観に暫し陶酔。

二俣手前のナメ
大滝も高巻いて、数百m続くナメの先が二俣Co950二俣。

初日は、高巻きに時間を取られたこともあり、二俣手前の左岸にテン場をとった。

二俣の滝を越えてさらに遡ったところに懸かる3段のナメ滝は、少し滑るが水流右を直上。

3段30mナメ滝
3段のナメ滝は水流右を直登。

奥の二俣手前にスノーブリッジが架かっていた。乗ると下降が難しそうでもあり、早足で下を潜る。ドキドキ…

奥の二俣手前のスノーブリッジ
奥の二俣手前のスノーブリッジ(上流から)

笹藪漕ぎもあるけれど、開けた気持ちのよい草原も広がる。時間があれば焼石のピークも踏んでみたかったけれど…

登山道手前の草原
登山道手前、広々とした草原。

下山は中沼コースを駐車場まで。途中の銀明水は冷たくてとても美味。誰の製作かゴツイ柄杓が備えられていた。

銀明水
銀明水には、質実剛健な柄杓が…

ひとまず、速報版として投稿しますが、早めに正規版に差し替え予定です。


山行最終日:2019年8月25日
山域: 焼石連峰
山行形態: 沢登り
コースタイム:
地形図:焼石岳,胆沢ダム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください