奥多摩 除ヶ沢

 

今回は、奥多摩駅近くにある除ヶ沢(よげさわ)へ行ってきました。
氷川キャンプ場から歩いて、除ヶ沢へ向かいます。

さあ 行きますか…
氷川屏風岩も よく見えました。

冬の沢に行くなんて … みんな 物好きですね。
毎年12月の第1日曜日は、奥多摩渓谷駅伝競走大会が行われています。
奥多摩駅入口交差点には、駅伝関係者と思われる方々が多くいました。

氷川小学校を過ぎ、鉱業所の横を進みます。

なんだか 覗いてみたくなる…

「工場萌え」には きっとたまりませんね。

まるで ラピュタの鉱山のよう…

トロッコが数台載っている鉄橋を過ぎると すぐに入渓点になりました。
装備を整え、入渓します。
入渓点は、倒木があるゴーロで荒れている感じです。

荒れている渓相

夏であれば濡れても構いませんが、さすがにこの時期になるとルートを選びます。

沢登りも やはり実践第一です。

より困難になる場合も出てきますね。
3m程の滝がありましたがとても水線沿いには行けないので、左壁を登ります。
リーダーが上からロープを出してくれたので、一人ずつ安心してチャレンジしました。

ホールドを探しながら じっくり考えて登れます。

そこを越えると 今度はスラブをトラバースです。
微妙な凹凸を探して しっかり体重を乗せていきましょう。

凹凸を探して…

その後も小粒ですが、練習になる場所が続きます。

リーダーのムーブを参考に

高巻きでは より慎重さが求められます。
失敗はできないので、不安なときはためらわずロープで確保してもらってもよいと思います。

慎重に…

そこを過ぎると ワサビ田跡やゴーロが二俣まで続きます。

二俣は日当たりもよく 昼食をとるのによい場所でした。

二俣以降もワサビ田跡とゴーロが続き、670m付近でとうとう水が枯れました。

大規模なわさび田跡

860m付近の岩壁のある所から 稜線に向かいます。

50分程で1020m付近の登山道に出ました。

後半は冬の低山ハイクのようになりましたが、
風もほとんどなく穏やかだったので、私は十分楽しかったです。

冬の低山ハイク…

駅に近づくと なんとも異様な光景が…

まるで要塞のよう…下は渓流釣り場…

次の沢までは それぞれ山スキー、雪山、クライミング等のトレーニングに励みましょう。


メンバー:丸山(L) 坂部 高森 星野 綿貫 伊藤
山域:奥多摩
山行形態:沢登り
コースタイム:
氷川キャンプ場(9:18)-入渓点(9:45)-二俣着(11:41~12:07)-870m(13:19~13:31)-登山道(14:07~14:12)-登山道入口(14:55)-氷川キャンプ場(15:35)
地形図:奥多摩湖
報告者:伊藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP