四方沢話って?

四方沢話は、「よもさわばなし」と読みます。
山行記録以外の会の活動のことや、山行や日常を通して会員が思ったこと感じたことなどを、会員が思い思いに投稿する場が、渓人「流」の「四方沢話」です。



松尾沢(小室川谷支流)周辺の地名について

松尾沢(檜尾沢)出合

昨年の9月に、小室川谷のS字峡を越えたところで出合う松尾沢を遡行した。沢自体は、特別に見どころのある沢ではなかったが、事前の下調べと、事後記録を書く際の調査で、周辺の地名に関していくつか気になることがあったため、忘備録的に調べたことを少しまとめてみた。



人の気配~大倉沢で見た人工物いろいろ

大倉沢大滝の落ち口

群馬県みなかみ町、藤原ダムのすぐ上流左岸に流入する大倉沢に、過去二回ルートを変えて訪れてみたが、遡行中に、沢登りとも釣りとも異なる不思議な人臭さを感じた。人里に近いロケーションでもあり、地域の方々には身近な活動の場なのかもしれない。 そこで、二回の遡行で感じた「人臭さ」を、雑記として記録の補足に残しておくことにした。